ビット劇場

雪国札幌でトイプードルと暮らす。

『食中毒?』・・・2016.10.09

日高の撮影会の日記の続きになります。


撮影がすべて終わって夕方、部屋でみんなでお茶会をしている時でした。


普段鳴かないビットが突然


「キャンキャン!」


何かの拍子に股関節が痛くなったのかと思ったけど足を気にしている様子もなく

もしかしたら朝から出かけて疲れている時だったので軽い発作が起きたのか・・・


僕はおでかけの時は念の為てんかんの薬を持ってきているので

帰る前に薬を飲ませてから帰ったほうがいいかなって思っていたところでした。


ビットのよだれがポタポタ垂れてきて止まらなくなりました。

そういえば少し前にも舌をやたらペロペロと出していたので何か匂いがするのかと思っていたけど

この状態は異常でした。


それから間もなくやわらかいウンチをしたあと下痢が始まりました。

その後は落ち着きなくフセをしようとするもお腹が気になるのかまた立ち上がりを繰り返し

それからはもう踏ん張るまでもなく下痢が止まらない状態に。


時々おなかが痛いのか


「キュゥゥゥゥ!」

と悲鳴のような声を数分おきに繰り返す。



何か変なものを食べたのか思い返してみると

外での撮影のために玄関を出たときにそこに落ちていた胡桃の殻か栗の殻をガリガリと噛んでいたこと・・・。

その時はすぐに口から取り出したのですが、みんなの話を聞くと

火を通していない栗の薄皮部分が非常に危険なものらしいと。


ビットは体も小さくこれだけ下痢が続いているのは危険だと思いすぐに帰って病院に行くことに。


明らかに元気がなくなっているビットを先生とスクール仲間に任せて僕はすぐに帰りの準備。


荷物を車に運びかかりつけの病院に電話をするもその日は午後から休診だったらしく連絡がつかず

以前通っていた自宅近くの病院は日曜日は休診・・・


幸い札幌には夜間専門の救急病院があるのでそこに行くことに。


札幌に戻る間に色々と準備をしておいてもらう為に家に連絡と現状を伝え

その間にスクールのベテランさんが僕の車にビットのためのセッティングをしていてくれました。






車の準備が整い部屋に戻ると先生がビットのお腹を押し、もう一人がビットの下痢をシートで受け止めていました。

出てきた下痢をシートで受け止めて固形のものはすべて潰して内容を見てくれていたらしく

「出てきたよ!」

と栗の皮らしきものを見せてもらう・・・。

そのトイレシートをそのまま病院へ持って行きました。

これほど頼りになる人たちもいないと心底ありがたかったです。











20161011-1.jpg

助手席に乗せたとこ。


この助手席のセッティングの状況を見ていた方が参考になるからとメーリングリストで教えてくれましたので引用させてもらいます。



今回の車に犬を乗せるための準備を横でみてました。
今後の参考になればと思い書きます。
ゲージがないので、
助手席をいっぱい前に出します。(転倒した時のため)あれば、足元に荷物を置く。今回は大事なカメラバックを置いてしまいました。
助手席に吐いても漏らしても
よいように、キルティングマットをしき、その上に
オネショマット(介護用?)
さらにその上に大判の犬用おしっこシート
をしいて犬用ベッドをおき固定しました。
安全運転に心がけて、何かの時は、安全な場所に移動してから対処する。との注意がドライバー
にありました。
参考までに



ビットはいつも犬用ベッドにいる状態で動き回れないようにリードを背もたれに固定していましたが

今回のこの方法は何があっても落下も汚れも気にすることなく運転に集中することが出来ました。



この状態で札幌まで高速で慌てないように慌てないように帰ります。

その間ビットのヨダレは止まらずオムツも貰ってましたがおそらく下痢も止まらなかったと思います。


アドバイスどおり途中のPAで水を飲ませるとすごい勢いで飲みます・・・。




家に着きオムツを取り替えてあげお尻と足を拭いてあげて

札幌夜間動物病院へ向かいます。


何度かブログに登場していますし有名な病院なので知っている人も多いと思いますが

誰が見ていて誰の役に立つかわからないので簡単に説明しておきますね。



夜9時~早朝5時までの夜間専門の救急病院で
電話を入れてから行けば比較的すぐに診察を受けることが出来ると思います。

基本的には応急処置をして翌日カルテを持ってかかりつけの病院に行くのですが
本格的な治療を受けることももちろんできます。

現実的な問題として治療費が非常に高額になる場合が多いですが
必ず事前にその説明があります。
いざという時に備えて準備は必要ですね。

場所は大通りにありますが石狩や江別など比較的遠方からの患者さんも。




ビットを夜9時に連れて行き状況を伝え診察室へ。

まず驚いたのが体重。


3.05kgしかありませんでした。


最近痩せていて3.3kgしかなくフードを増やしていた時ですが

この夜の下痢でこれだけ急激に痩せたことになります。



まず症状と原因の特定の為に血液検査をしてもらいました。




結果の出るまでの間、待合室にいるといろんな患者さんがやってきますが

きびしい現実を目の当たりにすることもあり急に緊張感が増し怖くなります。











20161011-2.jpg


血液検査の結果


数値が異常な部分を見ると脱水の症状が強いようです。

ただ、今すぐ血管に点滴を打つような緊急処置が必要な数値ではないとのこと。


すぐに回復をさせるなら点滴をしてもらい早朝迎えにくることも可能ですが

ビットの数値では背中に注射をして水分を入れてもらう応急処置で家に連れ帰っても良さそうでした。


ビットの場合、元気がないはずなのに診察室のケージの中で前を通る人にずっと尻尾を振っていたので

連れ帰って家で落ち着いて寝かせたほうが良さそうだと先生に伝えると、ビットを見て苦笑い・・・。











20161011-3.jpg


応急処置と下痢を止める薬をもらう。



これで翌朝、体調があきらかに回復しているとは言えない場合は必ず病院に行くこと。










20161011-4.jpg


ヨダレと下痢はまだ止まらないまま帰宅。

思いっきりミラーに映り込んでるけど・・・











20161011-5.jpg


ケージの前に毛布を敷いて一晩ビットの前で。



1時間に一度くらいビットの下痢が始まっていたのでその都度オムツを替えてお尻をキレイに拭く。










朝にはだいぶ体調も戻っていつもどおり朝ごはんの催促。


病院の指導どおりにいつもの3分の1だけあげて一日安静に様子見。

薬が効いているのか体調が戻ってきたのか下痢もヨダレも止まってました。




ビットはたぶん下痢をしたのは産まれて初めてだったのと

これだけ小さい体の子なので体力の低下が心配でものすごく怖かったです。



下痢が始まってから病院で体重を量るまでの4時間で0.25キロも体重が落ちてます。











その日は体調も落ち着いていたので病院には連れて行かず部屋でずっと安静。


またその次の日はたまたまかかりつけの病院の予約を入れていたので










20161011-6.jpg


いつもの病院へ。

体重3.1kg



いつものオムツがおどろくほどブカブカでここまで痩せてしまったのかと・・・。

これから冬に向けてゆっくり戻していかないとね。




夜間病院から渡された封筒と検査結果を渡して話を聞いてもらい

今現在は何の心配もなさそうなので食中毒の件はとりあえずここまで。











20161011-7.jpg


今回の薬。
↑アプリじゃないね、サプリだね。


ステロイドは、季節の変わり目なんかは特に症状が酷く血が出るまで掻き毟ることが多いので

あまりに酷い時は一度薬でしっかり症状を抑えてあげないといけないと思い処方してもらいました。






と、撮影会が終わった後こんなことがあったのでした。













20161011-8.jpg

お世話になった方ほんとうにありがとうございました。

ビットは今、うっとうしいくらい元気です!







次会ったらビット笑ってやって・・・
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

メロディママ says... ""
蘭丸から聞いていたけどそんな大変なことになってたなんて。
びっくりしたでしょう。
栗の皮が毒だなんて知らなかった。

ほんとに先生や周りの適切な対処ありがたいですね。
みなさんテキパキ帰りの準備してくれる様子が
目に浮かぶよ。
1日で回復してほんとによかった。

ビットくんの拾い食い、直したいね。
2016.10.16 08:59 | URL | #tBoQcwzY [edit]
REACH&JUNO says... ""
あの時、一番役に立ったのは、、、ダントツ父さんブログだと思いました。
ダントツ父さんが、ビットのアレルギーやてんかんなどなどの状況を綴っているから、きっとどうしよーって思う時でもちゃんと整理されて考えられてる。
さらに、このブログを読んでる人がビットの普段の様子や持病を考えて判断してくれる。

飼い主の愛情いっぱいの何気ない日常の記録がビットのピンチを救ったんだと思います!
ダントツ父さん、その名の通りですね〜
回復して良かったですね。
2016.10.16 09:44 | URL | #- [edit]
蘭丸だよ。 says... ""
こんばんは

今日もおつかれさまでした~。。

元気なビット君に会えてよかったですよ。

日高の原因もわかってよかった(^.^)


最初はわけもわからないワンコのために行き始めたしつけ教室だったけど
いつのまにか 飼い主さん同士のつながりや
人間関係まで勉強させてもらってますよね~。。


これから少しずつ体重戻していってくださいね~(^.^)











2016.10.16 23:58 | URL | #- [edit]
りび says... "メロディママさんへ"
ハッキリとは原因特定した訳ではないですが、栗の薄皮の白い部分が生だと危ないらしいです。
みんな経験豊富だし知識も豊富だし日記に書いた通り早く帰れる準備に集中できましたよ。

ほわとビットの問題行動は拾い食いくらいなのでなんとかしてあげたいですね〜。
2016.10.17 08:30 | URL | #- [edit]
りび says... "REACH&JUNOさんへ"
今回の日高で思ったんですが‥色んな人がビットの日記見てるなぁと。

何かあった時にビットの持病とか知ってる人がいれば対処出来る人がいるかもしれないっていうのはありますね。

それより、ああいう場面で躊躇なく帰りの手伝いやビットの介抱に手を貸せるベテランさん達が有難かったです。
車の準備して部屋に戻ったら先生とルルシオンママがビットのお腹押してウンチ出させてるの見た時はほんとに安心しました。

まあ、これからは出来れば楽しい出来事ばっかり書ければ良いな〜と思います。
2016.10.17 08:38 | URL | #- [edit]
りび says... "蘭丸ママさんへ"
あれがあってから拾い食いどうしようか悩み中です。
お散歩の時はしっかり見てるので大丈夫ですけど。

スクールに初期から通ってる人達はもう家族に近いですね〜。
ウチらは第二世代みたいな感じだと思うので‥お互い成長していかないとな〜と改めて思いましたよ。
2016.10.17 08:44 | URL | #- [edit]
雪 says... ""
大変なことがあったんですね(T-T)
栗は我が家のコ達も大好きなので、生栗だったり、
皮は気を付けなければならないですね・・・

不幸中の幸い・・・
仲間がいて良かったですね。
そして、何よりもりびさんが冷静であったことは、
ビットくんにとっても良かったと思います。

大変な中、写真撮ってるのも親心。
私も下痢や嘔吐のとき、うんPとか撮っちゃいます(^^ゞ
記録として残されたブログ、とても参考になりしまた。

そして今、ビットくんが元気になって良かったです!(^^)!
2016.10.17 15:37 | URL | #- [edit]
りび says... "雪さんへ"
こんな時に限って1人で行ってたんですが皆んなに助けられました。

写真はあれだけです。
写真に残すのは大事ですね。
調子悪い時は動画のほうが病院で役に立つみたいですけどね‥なかなか出来ないです。

すっかり元気になったのは良いんですけど拾い食い問題をなんとかしないと怖いですね〜。
2016.10.18 08:39 | URL | #- [edit]
tomo says... ""
この記事ね・・・・・
もう泣きそうになりながら読んだよ・・・・。

出先での急な体調不良・・・・
怖いよね。
小さなわんこの吐いて下痢は脱水が命取りだと
9月のキャンプで思い知らされたよ・・・・。

ビット君が無事でよかった。
元気な姿が見れて よかったよ~~~!
2016.11.22 23:32 | URL | #- [edit]
りび says... "tomoさんへ"
この記録残す時ずっとtomoさんの気持ちを考えてました。

あの時は周りにパピー期からずっとお世話になってるベテランさんが大勢居たのでまだ気持ちが楽だったと思います。
2日くらいで回復出来たのはラッキーでした。
2016.11.23 08:29 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://may323.blog21.fc2.com/tb.php/291-5744e02d